検索
  • まち 風乃

#風乃まち #外ヶ浜フォトコンテスト



8月のステッカー配布に始まり

9月のクリアファイル配布も、ほぼ終了することができました。


町の方もけっこうもらってくださっているので

単純には言えませんが

100少し配布していますので、参加店舗の方のところにはいくらかの

「これまで見たことのないお客さん」

が訪問されたことと思います。


もし、

「外ヶ浜町の人口減少と経済の縮小が今後も深刻である」

と考えているようでしたら


できれば、今、町に来てくれている

町の外からのお客さんを、逃さずにお店に引き付けて

「継続した町の外からの流れをつくる」

ということにつながってくれれば何よりです。


人口減少や少子化といった大きな問題を解決するには

10万円程度では無理なのは、最初から分かっていますが

まずは、目の前のことから小さく解決していくことしかありません。


少子化をどうしようか悩んでいても

全国のことですから、外ヶ浜だけ解決できるわけがないとも言えます。


まずは

細かく、小さくあたらしいお客様を獲得していく

という小さな一歩であれば、ちょっとだけ出来ます。



クリアファイルを100人に配って、

もし、

お店に来た人が一人1000円、町で使ってくれたら

10万円すこしくらいの経済的な動きになっているかもしれません。


ものすごく、ほんとに小さい。

ということはありますが、

それも風乃まち、の生後二か月の一歩です。


私もこういうことをするからには

色々調べていますが

全国では、事業として取り組まれているキャラクターも少なくありません。


そういうものを

外ヶ浜で「つくろう」としているところですので

なんだかよくわからないかもしれませんが

大目に見ていただけたら嬉しいところです。




それで、

よくわからないついでに

次に考えていることなんですけど



SNSで行う

#外ヶ浜フォトコンテスト

#風乃まちファンアートコンテスト

です。




時間を長めにとって、今年の年末までを考えています。


「何の意味があるのか、どんな効果が期待できるか」

について、私のほうでなんとなくイメージしているお話をします。


まずは、

#風乃まち #外ヶ浜フォトコンテスト


まず、

Twitter、フェイスブック上で、

「風乃まち」をフォローしたうえ

ハッシュタグ(#)を付けて投稿する形でのコンテストとします。




これから冬を前にした

秋のツーリング、キャンプのシーズンです。


バイク、自転車、キャンプのみなさんは

冬を前に今年最後の活動を楽しみます。


#外ヶ浜フォトコンテスト の主役はそうした方たちです。




外ヶ浜町には優れた景勝地がたくさんありますが、

いまや地元の人のほうが知らなかったり

関心がなかったり


また

SNSという媒体の使用については、

町には少ない若い方たちのほうがよく熟知しています。



また、現在は

そうした情報をもとにして

世の中の多くの人が動くのはご存じのとおりです。



現状のSNSを見ますと

外ヶ浜町については、美しい写真、楽しそうな写真があまりなく、

特に『外ヶ浜町』という検索では、ほとんどいい投稿がみられないのです。


つまり

SNS上では

外ヶ浜町は「盛り上がっていない」ように見えてしまいます。


これは、シンプルにまずいところです。


今の若い世代は新聞の紙面などはほとんど見ていないので

外ヶ浜の情報は入っていないのと同じです。



当然、お店のアカウントや紹介などもないので、

いつ開店しているのかかわからない

どんなものが出てくるのかわからない

おいしいという評価が出てこない

など

簡単に言えば

「外ヶ浜町には何もない」

という認識になってしまいます。


けれども、

現実にはお店はありますし、

「宣伝されていないだけ」

「外部に向けた集客をしていないだけ」

です。


もちろん、

静かに営業したいお店はもあると思いますので

それでぜんぜん構わないのです。


他方、

もうすこし町を元気にしたいなと

思っている店主さんはいると思っています。


そこで

バイクの方や、キャンプの方に外ヶ浜町のいいところや

自分のお気に入りのバイクや機材と外ヶ浜の風景の写真を撮ってもらい

それをSNSにアップする形のコンテストを行うことで

SNS上の「外ヶ浜町の盛り上がり」を、

外部の方たちに作ってもらいます。


また、そうした方たちは、

ご自分のバイクやキャンプの様子を紹介したり

かっこいいこと、を楽しんだりしています。


その気持ちを後押しする形で、

フォトコンテストに投稿された写真を

風乃まちの配布チラシ等に印刷して、来年初めに各お店で配布します。


また、お店の方にはちょっとお願いをして

簡単でいいので「お店賞」を決めて、簡単な粗品をだしていただけたら喜ばれると思います。


その写真の掲載チラシは、各お店配布ですので、

バイクの方たちは、配布予定となる来年の春に、

掲載されたチラシをもらいに外ヶ浜町を訪れてみよう

というきっかけになります。


最初にお話ししたように

「外ヶ浜は一回来たらもう十分」

「ただでもらったらから、もう終わり」

ということではなく、

次につなげ、町を回していく方法を考えたいところです。



現在、Twitterなどで

「外ヶ浜町」

「蟹田」

「平舘」

と検索しても、ほとんど若い人のツイートは出てきません。


出てくるのは、風俗のステルスマーケティングばかりです。


他の町村でもそういった様子はありますが

おおむね、他の町村では、地域おこしのアカウントや、市町村の公的なアカウント、キャラクターのアカウントが宣伝を行っているので、もう少し状況はましです。


そのあたりも

なんだかとても悔しいところです。


せっかくたくさんの外部の方が来ていただいている外ヶ浜町です。


そうした力を積極的に生かして

町をわずかばかりでも元気にできるアイデアを考えていきたいものです。


外ヶ浜町に来ていただいている皆さまには

ぜひ、私たちが知らない町の魅力をSNSで紹介していただいて


「自分たちが外ヶ浜で楽しむこと自体が、すごく役立っている」


ということを知っていただけたら嬉しいです。



現在、二つの店舗さんから、快諾をいただいて

写真コンテストの豪華景品を出していただけることになっています。


ぜひ秋の外ヶ浜町を楽しみながら、景品ゲットを狙ってみてください。


また

今後も、参加店舗さんを幅広くお待ちしています。













風乃まちフ外ヶ浜フォトコンテスト
.pdf
PDF • 152KB

228回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示